第26回 日本産業精神保健学会 コミュニティとメンタルヘルス ~働く人の”LIFE”を支える連携と協働~

プログラム

「プログラムは随時更新いたしますので、ご了承ください。」

【大会長講演】

8月30日(金)9:30〜10:10
「コミュニティとメンタルヘルスの未来を考える ~保健師の立場から~」
東海大学医学部看護学科 教授 錦戸典子

【特別講演】

8月30日(金)15:00〜16:00
1.「人口減少社会とコミュニティの未来」
京都大学こころの未来研究センター 教授 広井 良典
8月31日(土)10:55〜11:55
2.「幸福学とメンタルヘルス」
慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科教授 前野 隆司

【メインシンポジウム】

8月30日(金)10:15〜12:00
1.「職場コミュニティの醸成とポジティブメンタルヘルス」
シンポジスト
東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野 教授 川上 憲人
日立製作所 システム&サービスビジネス統括本部 人事総務本部 保健師 中野 愛子
甲南大学経営学部 教授 北居 明
慶應義塾大学総合政策学部 教授 島津 明人
8月31日(土)9:00〜10:45
2.「地域コミュニティにおける地域・職域連携によるメンタルヘルス対策」
シンポジスト
新宿ゲートウェイクリニック 院長 吉野 聡
川崎幸クリニック 臨床心理士 稲富 正治
足立区衛生部 参事 馬場 優子
東海大学医学部看護学科 講師 三橋 祐子

【学会賞受賞記念講演】

理事長賞受賞記念講演
8月30日(金)13:50〜14:20
「産業精神保健の歩み~産業保健総合支援センター活動から~」
(独)労働者健康安全機構 石川産業保健総合支援センター所長 小山 善子
島悟賞受賞記念講演
8月30日(金)14:20〜14:50
「働く人をエンパワーする『つながり』支援」
(株)ジャパンEAPシステムズ 統括スーパーバイザー 春日 未歩子

【教育講演】

8月30日(金)13:50〜14:50
1.「自殺予防対策―医療機関と地域のリエゾン」
東海大学医学部 教授 山本 賢司
8月30日(金)15:00〜16:00
2.「宇宙飛行士を支える精神心理チーム(SHBP)の活動」
宇宙航空研究開発機構JAXA 前総括医長 緒方 克彦
8月31日(土)9:30〜10:30
3.「発達障害と職場での対応」
東海大学医学部 准教授 三上 克央
8月31日(土)10:40〜11:40
4.「新しい依存について ~ギャンブル・ネット依存の実態と対応~」
久里浜医療センター 副院長 松下 幸生
8月31日(土)13:05〜14:05
5.「精神障害の労災認定後の課題~長期療養の治ゆ判断に関して~」
東邦大学 名誉教授 黒木 宣夫
8月31日(土)13:05〜14:05
6.「コミュニティと健康を捉えなおす―概念の変遷と健康政策」
慶應義塾大学環境情報学部 教授 秋山 美紀
8月31日(土)13:55〜14:55
7.「職場の安全管理・労災防止とメンタルヘルス」
東邦大学医療センター佐倉病院産業精神保健職場復帰支援センター長・教授
小山 文彦

【シンポジウム トークセッション】

シンポジウム1(産業看護職部会企画)
8月30日(金)16:50~18:20
「多様な働き方と両立支援の未来~職場での相互理解をどう進めるか~」
シンポジスト
国立がん研究センターがんサバイバーシップ支援部 部長 高橋 都
北里大学医学部公衆衛生学教室 講師 江口 尚
元 PHC(株) 保健師 泉 理恵
シンポジウム2(産業医部会企画)
8月30日(金)16:50~18:20
「働き方改革と産業精神保健 ~産業医の関わり方はどう変わるか~」
シンポジスト
(株)安川電機本社・八幡西営業所 産業医 田原 裕之
(独)労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所 統括研究員 吉川 徹
富士電機(株)大崎地区健康管理センター 産業医 加藤 憲忠
産業医科大学 産業衛生教授 浜口 伝博
シンポジウム3(心理職部会企画)
8月30日(金)16:50~18:20
「働き方と休み方 ~働く人のライフについての心理的アプローチ~」
シンポジスト
京都文教大学産業メンタルヘルス研究所 所長 中島 恵子
跡見学園女子大学文学部臨床心理学科 教授 宮崎 圭子
帝京平成大学臨床心理学研究科 教授 馬場 洋介
指定発言者
さくら心理事務所 代表 高橋 由紀子
シンポジウム4(精神科医・心療内科医部会企画)
8月31日(土)15:00~16:30
「ストレスチェック後の職場改善のありかた」
シンポジスト
岩手医科大学衛生学公衆衛生学講座 講師 田鎖 愛理
三菱重工(株)/中部労災病院心療内科 産業医 石川 浩二
ひつじクリニック 院長 田中 和秀
シンポジウム5(精神保健福祉士部会企画)
8月31日(土)15:00~16:30
「障がい者雇用と合理的配慮をコミュニティの視点で考える」
シンポジスト
産業医科大学産業生態科学研究所精神保健学研究室 助教 真船 浩介
秋葉原社会保険労務士事務所 代表 脊尾 大雅
(株)スタッフサービス・ビジネスサポート健康管理室 精神保健福祉士 岸田 好之
(株)ジャパンEAPシステムズ 顧問医 米沢 宏
トークセッション
8月31日(土)13:05~13:50
1.「産業精神保健の国際潮流からみえるgood practice approach」
(公財)大原記念労働科学研究所 主管研究員 小木 和孝
指定発言者
(学)北里研究所 北里大学 医学部公衆衛生学 教授 堤 明純
ワークショップ報告
日本赤十字看護大学 地域看護学 准教授 吉川 悦子
8月31日(土)14:10~14:55
2.「スポーツとメンタルヘルス~川澄奈穂美選手からのビデオレターを受けて~」
筑波大学大学院人間総合科学研究科 助教 大井 雄一

【ワークショップ】定員 30名 申込を締切りました。

8月31日(土)9:30〜12:00
「ストレスチェックを活かした参加型職場環境改善の進め方」
【進行役】
(独)労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所 統括研究員 吉川 徹
日本赤十字看護大学 地域看護学 准教授 吉川 悦子
概 要

ストレスチェック制度が始まってから4年目を迎えた。第13次労働災害防止計画では「ストレスチェック結果を集団分析し、その結果を活用した事業場の割合を60%以上にすること」が掲げられている。本ワークショップは、ストレスチェック制度の主目的である一次予防を事業場で推進するための具体的な方策について考える機会としたい。ストレスチェックを活かした業種別の職場環境改善の具体的な手法やこれらの取り組みを展開するファシリテーターの役割などについて体験型の演習やグループ討議を通して現場で活かせるスキルとヒントの習得を目指す。

※定員に限りがあります。途中退席はご遠慮ください。

【市民公開講座】

8月31日(土)15:20〜16:50
『企業の成長×社員の幸せ』を実現する3つの方法
【共 催】
人を大切にする経営学会・日本産業衛生学会中小企業安全衛生研究会
【後 援】
東京商工会議所,東京産業保健総合支援センター
【協 力】
東海大学Takanawa共育プロジェクト
【シンポジスト】
人を大切にする経営学会 会長 坂本 光司
全国健康保険協会福岡支部企画総務部 保健師 田中 千恵美
藤沢タクシー(株) 代表取締役・保健師 根岸 茂登美
【指定発言者】
神奈川県相模原市保健所・保健師 野村 洋子
【座 長】
東海大学医学部看護学科 教授 錦戸 典子
高輪労働衛生コンサルタント事務所 所長 寺田 勇人

【ランチョンセミナー】

【ランチョンセミナー1】共催:ファイザー(株)
8月30日(金)12:10~13:10 
  第2会場(4号館2F)
睡眠の質を向上させるための睡眠指導
演 者:田中 克俊(北里大学大学院医療系研究科産業精神保健学)
座 長:山本 賢司(東海大学医学部専門診療学系精神科学)
【ランチョンセミナー2】共催:アドバンテッジリスクマネジメント(株)
8月31日(土)12:00~13:00 
  第3会場(4号館2F)
リワークプログラムの未来を探る-その標準化と可能性
演 者:五十嵐 良雄((一社)日本うつ病リワーク協会)
演 者:大西 守((公社)日本精神保健福祉連盟)
【ランチョンセミナー3】共催:東洋羽毛工業(株)
8月31日(土)12:00~13:00 
  第6会場(4号館1F)
眠りは心と体のメンテナンスタイム ~睡眠習慣を整え、キラキラ輝く私に~
演 者:臼杵 礼司(東洋羽毛工業(株))

【一般演題】 ポスターのみ ポスター表彰あり

※プログラムは変更になる場合があります

演題募集
詳細が決まり次第、
当Webサイトにて告知いたします。
2019年XXX日(日)
XXX日(火)正午まで延長
演題募集を締め切りました。
多数のご応募をいただき
ありがとうございました。
ダウンロード
ダウンロード
  • 【主催事務局】
    東海大学医学部看護学科
    公衆衛生看護学領域
    〒259-1131 神奈川県伊勢原市下糟屋143
    sanseiho26@tsc.u-tokai.ac.jp
  • 【運営事務局】(問合せ先)
    株式会社ケイ・コンベンション内
    担当:市川
    〒160-0022
    東京都新宿区新宿1-27-2 山本ビル2階
    03-5367-2382 03-5367-2187
    omh26@k-con.co.jp