第2回日本精神薬学会総会・学術集会
基礎と臨床知識から薬を使い育てる精神科薬剤師
~多職種との相互理解を深める~

プログラム

特別講演

ドパミン過感受性精神病の病態から治療まで:治療抵抗性の克服
千葉大学大学院医学研究院精神医学教室 教授伊豫 雅臣 先生
治療抵抗性統合失調症のリカバリー
藤田保健衛生大学医学部医学科精神神経科学講座 教授岩田 仲生 先生

教育講演

境界性パーソナリティ障害を知り、対応を考える:過量服用や脱抑制を考えた処方を含めて
名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野 教授
尾崎 紀夫 先生
精神科薬剤師に期待すること
藤田保健衛生大学大学院保健学研究科医療科学専攻先進診断システム探索部門
客員教授
鍋島 俊隆 先生

シンポジウム

S1. 精神科以外の他領域(老年・がん・妊婦・小児など)における向精神薬の適正使用
溝神 文博 先生(国立長寿医療研究センター薬剤部)
齋藤 順平 先生(国立成育医療研究センター薬剤部)
岸  里奈 先生(名古屋大学医学部附属病院薬剤部)
宮崎 雅之 先生(名古屋大学医学部附属病院薬剤部)
S2. 睡眠障害を知って適切な治療を考える
岩本 邦弘 先生(名古屋大学大学院医学系研究科発達老年精神医学分野)
橋本 保彦 先生(神戸学院大学薬学部 臨床薬学部門)
吉川 明良 先生(広島市立広島市民病院薬剤部)
S3. 精神科薬剤師による臨床・教育・研究
吉見  陽 先生(名城大学薬学部病態解析学Ⅰ)
肥田 裕丈 先生(名古屋大学医学部附属病院薬剤部)
村田 篤信 先生(医療法人慧眞会 協和病院薬剤科)
佐々木典子 先生(三重大学医学部附属病院薬剤部)
S4. 統合失調症薬物治療ガイドラインの使い方
橋本 亮太 先生(大阪大学大学院医学研究科附属
子どものこころの分子統御機構研究センター)
村田 篤信 先生(医療法人慧眞会 協和病院薬剤科)
橋本 保彦 先生(神戸学院大学薬学部 臨床薬学部門)
S5. 地域移行における精神科薬剤師の役割 part2 ~それぞれの立場・それぞれの役割~
中田 裕介 先生(ゆう薬局)
長浜 恭史 先生(西熊谷病院薬局)
牛塲 裕治 先生(総合心療センターひなが)

ワークショップ

W1.向精神薬の減薬・減量ガイドライン構築のためのワークショップ(定員40名:薬剤師に限る)
企画運営者:野田 幸裕 先生(名城大学薬学部病態解析学Ⅰ)
      亀井 浩行 先生(名城大学薬学部病院薬学研究室)
W2.精神疾患患者さんの声を聞こう!~偏見をなくすために~(定員40名:保険薬局薬剤師に限る)
企画運営者:亀井 浩行 先生 (名城大学薬学部病院薬学研究室)
      野田 幸裕 先生(名城大学薬学部病態解析学Ⅰ)
      半谷眞七子 先生 (名城大学薬学部病院薬学研究室)
      月崎 時央 先生(メンタルサバイバーチャンネル世話人)
W3.陽性・陰性症状評価尺度(PANSS)トレーニング(定員40名:薬剤師に限る)
企画運営者:天正 雅美 先生(さわ病院)
      谷藤 弘淳 先生(こだまホスピタル)
講   師:堀  輝 先生(産業医科大学医学部)
向精神薬の減薬・減量ガイドライン構築のためのワークショップ
企画運営者:野田 幸裕1)、亀井 浩行2)
1)名城大学薬学部病態解析学Ⅰ、2)名城大学薬学部病院薬学研究室
概 要)

近年、統合失調症、大うつ病性障害、あるいは双極性障害など、精神疾患における薬物療法は多様化・複雑化している。抗精神病薬、抗うつ薬、あるいは気分安定薬の単剤療法で効果が得られない場合、薬剤の切り替え、増強療法、あるいは併用療法などで対処するが、多剤大量併用療法を招く場合もある。多剤大量療法は、治療効果を増強するというエビデンスはなく、むしろ副作用のリスクを上昇させるため、薬理学的特性を重視して治療薬を考慮する必要がある。多剤大量療法の解消には、処方の単純化や減量の知識とスキルを習得し、副作用の顕在化やアドヒアランスの向上を目指した支援が鍵となる。

本学会では、ワークショップにて精神科薬物療法における処方の単純化や減量の知識とスキルを習得してもらい、薬剤師主導の精神科薬物療法における向精神薬の減薬・減量ガイドラインの構築を目指す。

精神疾患患者さんの声を聞こう!~偏見をなくすために~
企画運営者:亀井 浩行1)、野田 幸裕2)、半谷眞七子1)、月崎 時央3)
1)名城大学薬学部病院薬学研究室、2)名城大学薬学部病態解析学Ⅰ、3)メンタルサバイバーチャンネル世話人
概 要)

スティグマは、「偏見や差別などの否定的な態度・行動・認識」と定義されており、特に統合失調症などの精神疾患患者に対するスティグマは、精神医療や福祉活動において大きな障害となっています。

本邦における精神疾患患者に対するスティグマは、諸外国と比較して多いことが指摘されており、一般市民だけでなく、精神疾患患者と身近に接している医療従事者のスティグマも根強く、特に薬剤師が精神疾患患者を受容し、適切な服薬支援を行う上で大きな障害の原因となっています。このスティグマを軽減する方策のひとつとして、「精神疾患患者さんとの対話」による疾患の理解が重視されています。

本WSでは、受講者の方々に、精神疾患の患者さんの症状や治療の体験談を実際に聞いていただき、この対話を通してスティグマの問題点やその改善策について理解を深めていただきたいと考えています。

陽性・陰性症状評価尺度(PANSS)トレーニング
企画運営者:天正 雅美1)、谷藤 弘淳2)
1)さわ病院、2)こだまホスピタル
講師:堀 輝3)
3)産業医科大学医学部精神医学教室
概 要)

統合失調症の精神症状の評価について、陽性・陰性症状評価尺度(PANSS)を用いて学ぶ。症例を用いながら講師より評価の際の解説をいただく。また、別途症例を用意、グループごとに議論し精神症状の評価を行う。

本ワークショップは、薬剤師が現場で実際に精神症状の評価を行うことを目的としていない。患者の症状について理解を深め、より臨床的な視点を持ち、さらに一歩踏み込んだ薬学的管理を行うための機会と考える。

一般演題:口頭発表、ポスター発表

ポスター発表 : 1日目 [ 9月15日(土) ]
展示11時00分開始 示説16時30分〜18時30分(予定)
口頭発表 : 2日目 [ 9月16日(日) ]
8時45分〜11時00分(予定)

ランチョンセミナー

先生
大会長:野田 幸裕
(名城大学薬学部病態解析学Ⅰ)
実行委員長:亀井 浩行
(名城大学薬学部病院薬学研究室)
準備委員長:間宮 隆吉
(名城大学薬学部薬品作用学研究室)
事務局長:吉見 陽
(名城大学薬学部病態解析学Ⅰ)
  • 【大会事務局】
    名城大学 薬学部 病態解析学Ⅰ
    〒468-8503 名古屋市天白区八事山150
    052-741-6022
    052-741-6023
    jspp2018-office@umin.ac.jp
  • 【運営事務局】
    株式会社ケイ・コンベンション内
    〒160-0022
    東京都新宿区新宿1-27-2
    山本ビル2階
    03-5367-2382
    03-5367-2187
    jspp2018nagoya@k-con.co.jp