第2回日本精神薬学会総会・学術集会
基礎と臨床知識から薬を使い育てる精神科薬剤師
~多職種との相互理解を深める~

座長・演者へのご案内

1.発表時の利益相反(COI)開示のお願い

演題発表時の筆頭発表者におけるCOIの開示が義務付けられております。

COIの有無に関わらず、発表スライドまたはポスターにてCOIの開示をお願いします。

COI開示スライドのフォーマットは下記にてご確認ください。

● 利益相反

一般社団法人日本精神薬学会で定める「利益相反(COI)に関する指針」の主旨に従い、研究発表に係る利益相反関係の有無について記載する。
(一般社団法人日本精神薬学会ホームページ/日本精神薬学会とは/利益相反の項参照)

参考:日本精神薬学会 研究の利益相反(COI)に関する細則より (COI 自己申告の基準)

第5条 企業・法人組織等から得られた経済的利益について、COI 自己申告が必要な金額は、以下のように定める。

  • 企業・法人組織等の役員、顧問職、社員等については、一団体からの報酬額が年間100万円以上。
  • 株式の保有については、一企業についての一年間の株式による利益(配当、売却益の総和)が100 万円以上、または当該全株式の5%以上を所有する場合。
  • 特許権等実施料については、一団体からの一つの実施料が年間100万円以上。
  • 会議出席・講演など労力の提供に対する支払については、一団体からの年間合計が50万円以上。
  • パンフレットなどの執筆・監修に対する原稿料・監修料については、一団体からの年間合計が50万円以上。
  • 研究費については、一団体から支払われた総額が年間200万円以上。
  • 奨学(奨励)寄付金については、一団体から、申告者個人または申告者が所属する部局(講座・分野)あるいは研究室の代表者に支払われた総額が年間200万円以上。
  • 寄付講座に所属している場合には、金額の定めなく所属の有無を申告する。
  • その他、研究とは直接無関係な旅行、贈答品などの提供については、一つの企業・法人等から受けた総額が年間5万円以上。

【教育講演・特別講演・シンポジスト・一般演題(口演)の場合 】

■ 開示すべきCOIがない場合

冒頭スライドの下段に、「筆頭演者の利益相反:開示すべき事項なし」、と簡潔に記載してください。

■ 開示すべきCOIがある場合

1枚目のスライドにて、COI開示フォーマットを参考に開示情報を記載してください。

【 一般演題(ポスター)の場合 】

■ 開示すべきCOIがない場合

ポスターの最初もしくは最後に、「筆頭演者の利益相反:開示すべき事項なし」と簡潔に記載してください。

■ 開示すべきCOIがある場合

ポスターの冒頭もしくは末尾に、COI開示フォーマットを参考に開示情報を記載し、掲示してください。

大会長:野田 幸裕
(名城大学薬学部病態解析学Ⅰ)
実行委員長:亀井 浩行
(名城大学薬学部病院薬学研究室)
準備委員長:間宮 隆吉
(名城大学薬学部薬品作用学研究室)
事務局長:吉見 陽
(名城大学薬学部病態解析学Ⅰ)
  • 【大会事務局】
    名城大学 薬学部 病態解析学Ⅰ
    〒468-8503 名古屋市天白区八事山150
    052-741-6022
    052-741-6023
    jspp2018-office@umin.ac.jp
  • 【運営事務局】
    株式会社ケイ・コンベンション内
    〒160-0022
    東京都新宿区新宿1-27-2
    山本ビル2階
    03-5367-2382
    03-5367-2187
    jspp2018nagoya@k-con.co.jp