ご挨拶

 この度、2014 年11 月7 日~8 日に「日本ストレス学会学術総会 第30 回記念大会」の会長を務めさせて頂くことになりました。この学会は1985(昭和60)年、まだストレスという概念が世の中にも医学会にも十分に浸透していなかった時代に発足しました。学会設立後の30年間のストレス科学の発展は目を見張るものがあり、今の時代になり「ストレス」の言葉は一般的に通用するようになり、日本ストレス学会の貢献度は大きかったものと思われます。
 また、この度の共催団体である公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター(PHRF)はその創設メンバーがストレス学会設立の中心メンバーでもあり、学会の発展に大きな貢献をしてきました。
 今年、日本ストレス学会は設立30 周年を迎えますが、このPHRF にとっても創設30 周年の記念すべき年であり、この節目の機会に共催で記念大会を開催することになりました。
ぜひこの大会を成功させて頂くことができますよう、ご指導、お力添えを頂きたくお願い申し上げます。

0423HP-2