TOP_PAGE

公益財団法人精神・神経科学振興財団主催

「睡眠のための認知行動療法セミナー」
CBT-Iセミナー)

「睡眠のための認知行動療法(CBT-I)」は,米国において不眠症に対する標準治療に位置づけられるほどに,その有効性が確立されています。近年では,認知行動療法による不眠症状の改善に伴って,(1)うつ病やPTSDなどでの精神症状や身体疾患での疼痛症状を軽減すること,(2)睡眠薬の減量を可能にすること,などが明らかにされています。しかしながら,精神療法の基本が備わっていなければ,CBT-Iの有効性が充分に発揮されません。
 本セミナーでは,CBTを提供する土台作りとしての対話方法や基本的な態度を抑えた上で,マニュアルに基づいたCBT-Iの実践方法とその応用について学んでいきます。

日 時:2018年2月17日(土)9:30〜17:30(開場9:00)

会 場:東京医科大学新宿キャンパス 第2看護棟306教室

定 員:80名(先着順) ※定員になり次第,締め切らせていただきます。

参加費:10,000円 CBT-Iマニュアル:1,000円

CBT-Iマニュアルを購入する: 参加費:11,000

CBT-Iマニュアルを購入しない:参加費:10,000

テキストは、日本睡眠学会主催「不眠の認知行動療法ワークショップ」で配布した物と同様のものを使用します。既に睡眠学会のマニュアルをお持ちの方でテキスト不要の場合の参加費は10,000円となり、ご出席の際には日本睡眠学会で配布したマニュアルを必ずご持参ください。なお、開催日にはテキスト(マニュアル)の販売はいたしません。事前申込のみ販売受付いたします。

【プログラム】

9:30 開会挨拶
   大川 匡子 先生(公益財団法人精神・神経科学振興財団)

9:40 認知行動療法をする上での精神療法の基本スキル

  • 精神療法の基本スキル
  • ぶつからずに関係を作る
  • 感情を聞く

講師:伊藤 正哉 先生(国立精神・神経医療研究センター)

12:10 休憩

13:10 睡眠障害に対する認知行動療法の使い方

  • 標準的なCBT-Iの基礎と実践
  • CBT-Iへの動機づけを高めるコツ
  • 並存疾患としての不眠症に対する実践例の紹介

講師:岡島 義 先生(早稲田大学人間科学学術院)

17:30 閉会挨拶
   大川 匡子 先生(公益財団法人精神・神経科学振興財団)

バナーをクリックいただきますと、参加登録のページに移動します。

 

【主催・セミナー事務局】
〒189-0013
東京都東村山市栄町2-3-2
野澤久米川駅前ビル4階
公益財団法人精神・神経科学振興財団
電話:042-306-3048
E-mail:zaidan@jfnm.or.jp

【参加申込については下記へお問合せ下さい】
「睡眠のための認知行動療法セミナー」参加申込窓口
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-27-2 山本ビル2階
株式会社ケイ・コンベンション
電話:03-5367-2382 Fax:03-5367-2187
E-mail:cbti@k-con.co.jp