演者へのご案内

講演に関するお願い

【オーラル発表の皆様へ】
1)口演発表は、PCプレゼンテーション(1面映写)のみとなります。
・下記の要領に従ってご準備ください。スライド、ビデオ、OHPは使用できません。
2)発表データの持ち込みについて
・発表データは「PCデータ受付(2階スペース)へUSBメモリにてご持参ください。
・Macintoshでのデータ持ち込みはできません。
・PCの持ち込みもできません。
・コピーさせていただいたデータにつきましては、学会終了後に主催者側で責任を持っ
て消去いたします。
3)発表データの作成について
①発表に利用できるデータ
・会場ではWindows XP / Vista / 7にPower Point 2003 / 2007 / 2010をインストールした
パソコンを使用します。
・OS:Windows XP、Vista 、Windows7までとします。
・発表データはファイル名を「セッション名_氏名.拡張子(.pptまたは.pptx)としてください。
②動画・音声
・動画・音声は対応しておりません。

【ポスター発表の皆様へ】poster
1)ポスター掲示には,ポスターパネルを用意いたします。貼付スペースは横90cm,縦180cm(下部40cmをあけてください)です。演題名,演者名,所属をポスターの上段に貼付してください(横70cm,縦20cm位の大きさ)。演題番号(横20cm,縦20cm)は事務局で用意します。A0サイズ(841mm × 1189mm)が適当な大きさになります。
2)目的,方法,結果,結論の順に記載してください.文字の書体および大きさは自由ですが,約3m 離れたところからでも判読できるように考慮してください.図表の枚数,大きさ,配置は自由です。
3)ポスター会場の進行は以下のように行います。
poster1024-1-e1414138860106

ポスターピンをご用意しますので,セロハンテープ,接着剤などの使用はご遠慮ください。
※撤去完了時間を過ぎても掲示されているポスターは,総会事務局にて撤去させていただきます。

4)演者はディスカッションのために指定された時間帯には,必ずポスターの前に待機し、座長の指
示に従って開始してください。
(発表者用のリボンをポスターボードに用意します。左胸に付けご発表をお願いします。)

【オーラル発表、ポスター発表の皆様へ】
発表にあたっては、世界医師会によるヘルシンキ宣言(その改定版を含む)「日本ストレス学会倫理綱領」
(http://www.tokyo-med.ac.jp/ph/jass/rinri.pdf)等に記載された内容を遵守しその内容にあたっては
十分配慮してください。

一般演題の座長・演者の方へのご案内

1)一般演題の口演時間は、下記の通りとなります。
発表10分、質疑応答4分、演者入れ替わり1分
2)一般演題のポスター発表時間は、下記の通りとなります。
発表7分、質疑応答2分、演者入れ替わり1分
3)座長の方は、各セッション開始30分前までに「座長・演者受付(1階ロビー受付)」で
受付していただき、各セッション開始5分前までに次座長席にご着席ください。
4)演者の方は、発表10分前までに次演者席にご着席ください。
5)各セッションの進行は座長の方にご一任しますが、時間厳守でお願いいたします。

特別講演、理事長講演、教育講演、ラウンドテーブルディスカッション、シンポジウム、
ワークショップ、市民公開講座の座長・演者方へのご案内

1)座長・演者の方は、各セッション開始30分前までに「座長・演者受付(1階ロビー受付)」
までお越しください。
2)座長の方は、各セッション開始10分前までに次座長席にご着席ください。
3)演者の方は、発表5分前までに次演者席にご着席ください。
4)各セッションの進行は座長の方にご一任しますが、時間厳守でお願いいたします。